License to beat

初回納品物の公開レビュー

初回納品物の公開レビュー

こんにちは。
ミズホです。

初回納品物の公開レビュー動画が、セールスライティングクラスのコミュニティーに共有されました。全部で2時間にもわたる長編動画です。

他の人のレビューも見て欲しいとのことで、通しで2時間、途中で休憩を挟むことなく撮影されています。

初回だからここまで丁寧にやってくれるのだと思いますが、こういったクラスを運営維持し続けるのは大変ですね。

セールスライティングクラスって何? と思ったあなたは、License to beat のことが書かれているこちらの記事をお読みくださいね。

Beat The Control の小野貴正さんが始めたプログラムに参加するよ

小野さんと担当講師の方の2人レビュー

今回のレビューを担当してくれたのは2人。納品先になるビート・ザ・コントロール株式会社の小野さんと、セールスライティングクラスの初回講座で講師を担当してくれた方です。

この講師の方は、全員分の初回納品物を4時間かけてルールチェックもしてくれた方です。

小野さんと講師の方が納品物を見ながら会話しつつレビューしてくれたので、2時間という長時間の割には最後まで一気に見ることができました。

最初に一人5分程度でレビューしますと言って始まったものの、早々に5分をオーバー。

セールスライティングクラスは14人もの参加者がいるので、一人5分だとしても70分かかります。

おそらく長くても1時間半程度の予定だったと思うので、レビューする側も大変ですね。

映像を見て加筆修正の上、再納品すること

まずはこのレビュー動画を見て、指摘された箇所を修正または加筆修正し、6月21日までに再納品です。

特に

  • タイトル(ヘッドライン)
  • オープニング
  • まとめ

の部分です。レビューを聞いていても、この部分の指摘がほとんど。本文の指摘はわずかでした。

つまり、最初と最後が重要ということですね。

納品するに足る記事ってどの程度なんだろう

今回の初回納品物は、セールスライティングクラスの初回講座で同じ資料を渡され、その資料を基に書いています。ですから画像や本文がかなり被っています。

あるブランドのジャケット写真が3枚載っている資料だったので、◯◯のおすすめジャケット3選といった記事が多かったですね。

全員分をクライアントさんに納品するかどうかは不明だそうですが、ビート・ザ・コントロールさんへの納品は「納品扱い」になるとのこと。

とりあえず初報酬は得られそうです。やった!

結構ガツンとやられました

はちまるごブログを書いていることもあって、ライティングに関して私は何とかなるだろうと甘く見ていました。私の文章を読んで面白いと言ってくださる方にも何人か会いましたので。

でもですね、レビューを聞いてみたら結構ガツンとやられていました。私のレビューの番になった最初が、小野さんの苦笑いから始まったぐらいですから。

これはフォントのことだったのですが、その後も次々に指摘が入りました。

自分が書きたいことを自由に書いているはちまるごブログと違って、オウンドメディアの記事は読み手のことをもっと考えて書かなければなぁと。

「これはうまい記事だなぁ」と何人も言われていたので、余計にショックでした(笑)

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。