コピーライティング

40のテンプレートを使ってヘッドラインをスラスラ書く

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信講座。セールスライティングの基礎から体系的に学ぶことができます。私は最初から復習をしています。

前回は、第7週目ビッグアイデアでした。

アイキャッチ
NOと言えない、YESとしか言いようがないこんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信...

第8週目は、注意を引くヘッドライン・キャッチコピーの作り方です。

前回のビッグアイデア、今回のヘッドライン、次回のオープニング。セールスレターでも重要な部分を学んでいきます。

ヘッドラインの目的とは?

セールスレターのヘッドラインの目的とは、見込み客の興味を引き、本文を読んでもらうこと。だから、必ずしもヘッドラインで売り込みをする必要はありません。ベネフィットが入らなくてもいいのです。

むしろ、あからさまにベネフィットが入っていると胡散臭く感じませんか? ガツガツ前に出てこられると、こっちが引いてしまう、そんな感じです。

ヘッドラインは本文を読んでもらうことが目的なので、写真や画像を使っても構いません。

そういえば、ダイレクト出版さんが出しているヘッドラインのテンプレート集のセールスレターで、寺本さんが謝っている写真が使われていましたね。とても印象に残るセールスレターでした。

寺本さんが謝っている印象的な写真

形容詞を使わず、名詞で置きかえる

形容詞が並んでいると、途端に胡散臭いものになります。「驚異的な」「史上最強の」「世界唯一の」「真の」などなど。

いい見込み客ほど、こういった形容詞には反応しません。用語そのものがボヤッとしているからだそうです。形容詞の使い方には要注意! ということですね。

言われてみると、確かに怪しげなセールスレターには大げさな形容詞が並んでいます。
背景には炎が入っていたり(どうして炎を使うのでしょうか?)

リサーチ不足だと書くことがないので、形容詞でごまかすそうです。それで嘘っぽく感じるのかもしれません。

40のヘッドラインのテンプレート

今回は、ヘッドラインのテンプレートが動画で40種類紹介されました。やっぱり目で見て確認できる方が理解しやすいですね。40種類すべて、動画を止めてはノートに書きとめました。

このヘッドラインのテンプレートは秘密なのかと思いきや、ザ・レスポンスのブログに28種類のヘッドラインが紹介された記事がありました。

説明まで詳細に書かれている記事なので、この記事を読むとさらに理解が深まりそうです。

この動画の最後は「たくさん、ヘッドラインを書いてみよう」でした。ひたすら書いて数を出すことが大切とのこと。考えるより、手を動かすほうがアイデアが出るからです。

「なにコレ?」と思うようなヘッドラインでも書き出すほうがいいんですね。ということで、この記事のタイトルもソレっぽいものにしてみました。

次回は、第9週目オープニングです。

アイキャッチ
音声を止めては書き、ちょっと聞いてまたすぐ止めては書き……こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。