ブログ運営

ブロガーによるブロガーのブロガーのための記事

ブロガーによるブロガーのブロガーのための記事

はちまるごブログ全体に漂う古臭さが気になり始め、少しずつアップデートを進めています。更新が途絶えたまま放置されている記事が結構な数で残っているので。

ブログのデザインを変えて気分一新というより、過去記事を修正したりブログ内の動線を見直したりしている状況です。

地味で単調な作業です(笑)

はちまるごブログは趣味に近い存在なので、あれこれブログに手を加えるのも楽しい作業なんですけどね。

自分のブログなので好き勝手できますし。

そんなこんなで最近はブログ運営に関する記事を立て続けに読んでいるのですが、そこで気づいたことを今回はお伝えします。

キーワードを選定して構成を考えて……

ブログの書き方を指南するページを読むと必ず書かれているのが、「読者の役に立つような記事を書きましょう」「キーワードを選定しましょう」といったこと。

実際そういった内容が書かれている記事を見ると、タイトルや見出しにはキーワードがちゃんと入っているし、初めての人でもわかるように丁寧に書かれています。

構成も考えて書かれているので、記事の流れもスムーズ。文字だけでなく図解入りで説明されていることも多いですね。

このような手のかかった記事がネットで簡単に読めるわけですから、親切な解説サイトに感謝ですね。

とはいえ、こういったブログの書き方が書かれた記事を読むと、正直面倒だなぁといつも思ってしまいます。

キーワードを選定して構成を考え、文字量もある程度確保して。ときには画像なんかも用意して。

もちろん読者さんの役に立つような情報もリサーチして……

一つの記事を書き上げるのにどれだけの手間をかければいいのか。

仕事として記事を書くなら当然かなぁとも思いますが、個人ブログでここまで手をかけられる人がいるのかしら?

それともブログで収益化を狙っているなら、やっぱりここまでやって当然なのかな。

気合いが入りすぎた記事は重い

「読者の役に立つ記事を書きましょう」とはよく言われることですが、ノウハウやお役立ち記事ってそんなに求められているのかしら?

まぁ求められているんでしょうけど。

文章量も多く細かいことまで丁寧に書かれた記事って、読むのが重いと感じることも多々あります。少なくとも私は。

明らかにこの記事は長くなりそうだなと感じたら、すぐに画面を閉じてしまいます。お役立ち記事って説明調で書かれることが多いので単調になりやすく、読んでいて飽きてくるんですよね。

最近はネットで完結させず、もっと詳しく知りたいと思ったら紙の本を買うことが多いです。

本だとパラパラめくることができるので、案外このパラパラがいいんです。目次を見て全体を眺めることもできますし。

ブログ運営の基礎ルールは知っておきたい

ブロガーによるブロガーのブロガーのための、ブログ運営について書かれたブログ。

私にはここまでできないなぁなんて思いつつ記事を読むのは、ブログ運営の基礎ルールは知っておきたいから。

ライティングの習慣化で始めたブログですが、今やはちまるごブログは趣味に近い存在です。

完全に日記で終わらせたくないので読み手のことは考えますが、キーワードも意識していないし、アクセスアップのために細かい施策を講じたりもしていません。

集客に使おうとか仕事に結びつけようとか、そういったことも今のところ考えていません。そうなったらそうなったで嬉しいんですけどね。

それはともかく、はちまるごブログで取り入れるかどうかは別としてブログ運営の基礎ルールは知っておきたいなぁと。

結局これってライターとして仕事を得る時にも役立つことだと思うので。

書かなければ始まらない

ブログ運営に関する記事はテクニックが書かれていることが多いのですが、同時によく話題に出るのが「記事を書きましょう」ということ。

ブログを始めた当初は頑張って記事を書き更新を続けていても、読んでくれる人も少なく目に見える結果が出ないので諦めてブログをやめてしまう人も多いからですね。

ライティングの話題になると必ずこの「書き続ける」ことが言われるので、それだけ書き続ける人が少ないということですよね。

まぁ、私も書き続けることができなかったので偉そうなことは言えないのですが、それでもこうやって再び書いているわけですから、ライティングが続かないからといって完全に断ち切らなくてもいいのかなって思います。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。