ブログ運営

1回の平均滞在時間が1分にも満たないつまらないブログ

アイキャッチ画像

こんにちは。
ミズホです。

私がライターとして活動しているHu-media(ヒューメディア)。ブログマーケッターの JUNICHI さんが運営されているメディアです。

スタートして3ヶ月目ですが、1ヶ月に一度、振り返り記事があります。その月の PV(ページビュー:どれだけの人に読まれたか)やら、ライターごとの MVP やらを決めるのですが……

今回は、この記事を読んで感じたこと3つです。

最低1分もないつまらないブログ

アイキャッチ画像が「怒っているわよ」

それしか書けないかも。なぜなら、周囲のブロガーさんの間でもほとんど話題に上らなかったから。

8月の PV は、12,337PV。メディアとしては弱いですよね。

Hu-media で書くようになって初めて知ったのですが、仲のいいブロガーさんのグループが存在します。同じジャンルだったり、同じ頃にブログを始めたり。そんな身内ブログ同士で、記事をシェアすることも多いです。

ツイッターを使うブロガーさんが多いので私も使い出したのですが、仲のいいグループでも Hu-media の記事が話題に出ることはなかった!

惰性でシェアしているんだろうな、と思うことはありましたが。

そう。そういうことなんです。面白くなかった。

新しいおもちゃには飽きた、ということです。

つまらない

だから1回の訪問時間が短く、平均で55秒。「こんにちは。はい。さようなら」チラッと見るだけ。読まれる記事とは程遠い現実ですね。

がむしゃらに書き続ける?

私自身も含めて、ライターさんの勢いが落ちています。

まず投稿数が減りました。最初の頃は誰かしら投稿していましたが、今では数日に1記事。

外部ライターとして書いてくれる人も減ったかな。月間1万 PV なら、寄稿するメリットも少ないでしょうし。

外部ライターの方は、何を書くか気を使うようです。なにせ、人のメディアですから。

私の8月の記事数は、Hu-media に3記事で、はちまるごブログはゼロです。スタートは「質より量」だと頭ではわかっているのですが、行動がまったく追いついていません! 何やっているんだか…

8月から、Hu-media に新人ライターさんが入りました。やっぱり新人さんたちは投稿数が多いですね。

寄稿ライターの募集

これまで Hu-media の正規ライター募集は、ひっそりと行われていました。私が知る限り、メルマガの数回の告知だけです。

ところが、今回「ひよっこライター大募集!」の文字がブログに貼り出されました。ライター不足なんですね。

最初にいたメンバーも何名か退会しています。みなさん自分のブログを持ちながら書いているので、続けるのが大変なんだと思います。

自分のブログか?スタート間もないメディアか?

自分のブログ?スタート後のメディア?

9月から広告枠ができましたが、Hu-media 自体は収益を生み出していません。ライターさんに報酬も出ていません。

各ライターさんに直接仕事の依頼が入っているかもしれませんが、少なくとも私はありません。まだメディアの種蒔きの時期なんですよね。

自分のブログか? スタート間もないメディアか?

と考えたとき、結果を早く出したいなら、自分のブログに力を注ぐ方が効率がいいはず。結局は、自分の資産につながるので。

スタート間もないメディアに何を求めるか?

知名度アップだとか、ビジネスに結びつけるだとか。そういったことが目的なら、スタート間もないメディアは厳しい。

運営者 JUNICHI さんの8月のブログ PV 数は28万。Hu-media の1万PVがいかに少ないか、実感します。

メディア運営。スタート時期は SNS のシェアで認知度を高めるのが王道だと思いますが、その最初の SNS もいわゆる身内から。身内以外の外部の人に広まるまで我慢できるか。

個人ブログでも同じですが、この時期に心が折れる人が多いのではないかと思います。

Hu-media が運営者 JUNICHI さんの黒歴史にならなければいいのですが……

ほかの人が絡むメディア運営って大変そう

毎月の振り返り記事を見ると、ほかの人が絡むメディア運営って大変だなと感じます。個人ブログでも10万20万はざらにいるので、スタートしたばかりとはいえPVが少ない印象。

はちまるごブログでは憧れの1万PVですけどね(笑)

ちなみに、はちまるごブログは PV を意識していませんが、Hu-media では気になります。SNS でシェアされた数も1記事ごとに出るので、やっぱり気になります。一度もベスト3に入ったことがないので、正直なところ自信喪失です……
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。