コピーライティング

『現代広告の心理技術101』

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

水曜日は本のレビューの日です。
今回は、『現代広告の心理技術101』を取り上げます。

『現代広告の心理技術101』とは?

概要

『現代広告の心理技術101』は、
どうすればお客さんが行動を起こして買ってくれるか?
パワフルで効果的な広告の作り方について教えてくれます。

広告の目的は人に行動させること。

この本1冊で、
広告の行動心理の基本原則と実証済みのテクニックを学ぶことができます。

この本のことは、
アフィリエイターのブログをいくつか読んで知りました。

コピーライティングでGoogle検索すると、
かなりの確率でアフィリエイターのブログがヒットするんですよね…
そういったブログを読んでいると、
この『現代広告の心理技術101』をオススメしている人が多いのです。
アフィリエイター必携の書としている人も。

ダイレクト出版さんのビジネス選書シリーズの中でも、
一番売れた本とのこと。

売れただけでなく、読者の満足度も非常に高い1冊だそうです。
Amazon.comでも、★5つの高い評価ですね。

著者について

著者は、ドルー・エリック・ホイットマン。
「ドクター・ダイレクト!TM」として知られており、
米国のダイレクトレスポンス広告界の第一人者です。

ドルーが11歳のとき、ダイレクトレスポンス・カタログを自分でデザインし、
同級生に配り注文が殺到しました。
友達がスペルの勉強をする中、
カタログにどうやって書けば買ってもらえるのかで頭がいっぱいでした。
一番の売れ筋は、ブーブークッションだったとか。

テンプル大学で広告学の学位を取った後、
大手広告会社のダイレクト・レスポンス部門で活躍。
世界有数の保険会社で上級コピーライターを務めたこともあります。

これらの経験を通じて、
彼は広告の成功と失敗を分けるのは何か?ということについて学びました。

米国で最も成功している大手企業や組織をクライアントに持ち、
現在はコピーライター、広告制作のトレーナーとして活躍しています。

本の内容

大きくわけると、4章で構成されています。

  1. 基本的な欲求
  2. 消費者心理の17の基本原則
  3. 41の広告テクニック
  4. レスポンスを急増させる101の簡単な方法

第1章は、人の基本的な欲求について。
誰にでも共通する基本的な欲求「生命の8つの躍動 (Life-Force 8)」と、
二次的9つの欲求について書かれています。

第2章は、消費者心理の17の基本原則について。
読み手の頭の中に入り込む方法について書かれています。

第3章は、41の広告テクニックについて。
簡単なのにあまり知られていない、
買わずにいられなくなる秘密のテクニックについて書かれています。

第4章は、レスポンスを急増させる101の簡単な方法について。
「驚異的な広告」にする46のチェックリストを始め、101のリストが書かれています。

『現代広告の心理技術101』を読んでみて

少しずつ実践しながら読み込む

この本には、
消費者心理の原則と、買わずにいられなくなるテクニックが書かれています。

それぞれの項目がコンパクトに4〜5ページでまとまっているので、
この本1冊で広告の行動心理をカバーできます。
あれこれ本を買う前に、この『現代広告の心理技術101』を読む方が効率がいいと思います。

とりあえずこの本で知識を得たら、
すぐに実践する方が結果が出るのではないでしょうか。

最初の「はじめに」の部分でも、筆者のドルーは原則を実行に移して体験してほしいと書いています。
自分の好きなところから少しずつ実践するのが、この本の賢い読み方かなと思います。
数が多いので、一気に実践できないですしね…

ぐいぐい読ませる文章力

とにかくこの本は読みやすいです。
それはもう驚くほど。
そんなに薄い本ではありませんが、一気に読みました。

内容自体も興味深いのですが、
ユーモアを交えた文章なので全体的にテンポよく読めます。

疑問系を多用したり、
「だけどドルー、〜じゃないか?」と読者の代表を出したり、
読み手を巻き込む仕掛けがいっぱいです。

事例や会話調で進むことも多いので、ストーリーも入っていますね。
広告界の大御所の名言があちこちに使われていたり、
読み手を飽きさせないように工夫されています。

だから、一気に読んでも苦にならないんですね。

オンライン実践講座でドルーの熱を感じる

本を購入して1ヶ月後に、本を購入した人限定のオファーが届きました。
オンライン実践講座です。
著者のドルー・エリック・ホイットマンが、
実際の広告を例にとり、実践的に解説したセミナーを収録したもの。

このオンライン講座を見ると、さらに『現代広告の心理技術101』を楽しめます。
まず何より、ドルーが楽しい。
字幕なので、ドルーの熱をそのまま感じることができます。

字幕だと情報量が少なくなりますが、
オンライン実践講座は本を買った人が対象なので、本を読めば詳しい内容はわかりますよね。
だから、ドルー本人の熱が感じられる字幕でよかったです。

セミナーそのものの映像ではないので、ドルー本人を見ることはできません。
けれども、音声だけでもドルーの熱い思いを感じられるので面白いですよ。

まとめ

『現代広告の心理技術101』は、
人間心理についてコンパクトにまとまって読みやすく、
何かしら試してみたくなります。

私はオンライン実践講座を買ってよかったと思いますが、
本だけでも十分だと思います。

もしあなたがすぐに効果を出したいなら、
この本をサクッと読んでみたらいかがでしょうか?

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。