コピーライティング

基本を続けることができるかどうか

アイキャッチ

こんにちは。
穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから
学んだことや感じたことを書くシリーズ。
第27回目は、「まとめ_高額商品の売り方」です。

基本を続けることができるかどうか

アメリカで開催されたセールスビデオのセミナー。
このセミナーに参加して小川さんがわかったこと。

基本をきっちり押さえてどこまでやるか。
セールスレターの作り方とほぼ一緒なので、
小川さんはほぼ知識として知っているけれど、ほぼ実行していない…
実行しなければ意味がないのに。

セミナーに参加しても、
結局のところ実行するか実行しないか。
実行するためには、思い出させてもらうことが必要だ。

いつでも基本は大切なんですね。
12週間セールスライティング通信講座は基本を学ぶ教材ですが、
ここから始めてよかったと思います。

高額のコンサルタント案件

この時点ではデリケートな段階ということで、詳細は明かされなかったのですが、
「毎月◯百万円+いくらか」の高額コンサルタント案件を、
寺本さんがセールスしたそうです。

寺本さん1人に対して、相手は4人。
開口一番「高いね」

普通だったらダメージを受けるところですが、寺本さんは凹みませんでした。

  • 価値を提供できる自信があった
  • 信頼関係を作った上でのセールスなので、飛び込み営業とは違う
  • 「納得できなければ結構です」という気持ち

デリケートな段階とはいえ、
ポッドキャストで話しているぐらいなので、手応えは感じているはず。
どうなったか気になります。

高額商品を売るときのメンタルブロック

高額商品を売るときは、メンタルブロックがある。
重要なのは、価値と価格のバランス。
価格に対して圧倒的な価値を提供できる確信があれば、なんとも思わない。

一方セールスを受ける側も、
自分が受けるベネフィットを理解していたら、
たとえ高額であってもなんとも思わない。

セールスは売り手の確信の転送だ。
このまとめで、今回の放送は100点満点となりました。

ちなみに、
寺本さんはセールスレターで、200万円の商品を売ったそうですよ。

最初に聞いたときは、
セールスレターで200万の売上げを上げたのかと思ったのですが、
それにしては微妙な金額だなぁと思いました。
よくよく聞いてみると、どうやら200万円の商品を売ったということのようです。
それなら小川さんが驚くのも納得できます。

どんなセールスレターだったんでしょうね…

次回は、第28回「ラジオ改め、Podcastです」の放送を聞きます。

アイキャッチ
伝えるべきことは何度も繰り返し伝えるこんにちは。 穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから 学んだことや感じたことを書くシリーズ。 ...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。