License to beat

セールスライティングクラスの進め方も日々更新

セールスライティングクラスの進め方も日々更新

こんにちは。
ミズホです。

6月に始まり8月で3ヶ月目に入った License to beat セールスライティングクラス。

初回の講座でオウンドメディアの記事に関するレクチャーを受け、執筆ルールもきっちり教えられました。最初の納品物は記事の内容よりも、決められた執筆ルールをきちっと守っているか、その点を厳しくチェックされたほどです。

そんな感じなので執筆に関してきっちり決められていましたが、それでも小野さんの予想外のことが出てきたり、参加者の要望があったりして、何度かセールスライティングクラスの進め方にも変更が出ています。

ペルソナの設定+目次

今回3回目の講座から一番変わったと思うのが、この「ペルソナ設定+目次」の提出です。

セールスライティングクラスで記事を書くまでの流れは、

  1. 共通キーワードと担当キーワードを振り分け
  2. キーワードに沿ってペルソナを設定し、小野さんに承認をもらう
  3. 小野さんの承認後、記事を書く
  4. 毎週金曜日の18時までに、記事を納品

というものでした。

ところが2ヶ月もすると、ペルソナ設定が違っても、同じような共通キーワードで、同じような内容の記事が、ダブってくるようになったのです。

それはよろしくないということで、ペルソナ設定と同時に目次も一緒に提出するようになりました。

記事には目次(見出し)が必ず必要なので、その作業が前倒しになったということですね。

画像の引用の仕方も若干の変更あり

これまで使っていい画像は3種類でした。

  1. クライアントさんから提供される画像(なるべくこの画像を使う)
  2. 公式サイト
  3. 無料画像サイト

著作権で問題になりそうな画像は、その都度記事の中で注意書きを入れていました。

例えば、「記事の画像が公式サイトになかったので、仮画像を貼っております。記事の画像は、こちらのサイトをご参照ください。(URL)」など。

ですが、クライアントさんはそこまでチェックできないということで、注意書きを入れず引用 URL のみ書き、注意点があれば納品時に小野さんに報告という形になりました。

実際に記事を書いてみると、この画像が結構厄介な存在なんですよね。画像探しは結構気を使う作業です。

小野さんによるレビュー動画の回数変更

これまで小野さんによるレビュー動画は、毎月1回、月末までに納品された全記事に対してレビューでした。

レビューする小野さんも大変ですが、実は動画を見るのも骨が折れます。

他の人のレビュー動画も見るように言われているので、全員の動画を見るとなるとかなりの長時間に。実は私、まだ全員分のレビュー動画を見ていません……

それはともかく、納品数の少ない私は15分ほどのレビュー動画でしたが、数をこなした人はそれだけレビュー動画の時間も長くなります。

2時間近いレビュー動画の方もいたので、こうなるとレビュー動画を見て修正するのも一苦労ですね。

もちろん修正なしの記事を出せれば一番いいのですが、一発 OK の記事はまだ少ない。

ということで、小野さんと参加者双方がやりやすいように、月に1回全記事のレビューではなく、週に1回1記事だけレビューするという形に変更です。

少人数だからこそ小回りがきく

License to beat のセールスライティングクラスは一年間という長丁場です。

この後も試行錯誤を繰り返しながら、日々進化していくのではないかと思います。

参加人数が10数名という少人数だからこそ、小回りがきくのがいい点ですね。人数が少ない分、みんなの意見が反映されやすいので。

やり方が変わって最初は戸惑うこともありますが、そのうち慣れますしね。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。