コピーライティング

フィードバックを求める相手がいない私にはブログが実践の場です

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから
学んだことや感じたことを書くシリーズ。
第13回目は「この2つの読書法、スキルが身に付くのはどっち?」です。

多読か?精読か?

コピーライティング系の本を中心にして、
マーケティングを勉強中の
30代女性リスナーの方から質問がありました。

スキルが身につくのはどっち?

  1. できるだけ多くの本を読む
  2. 同じ本を何度も読む

寺本さんの回答は「読む本次第」。
名著と呼ばれる本は、自分の成長度合いによって気づくことが違うので、
そういった本は何度も繰り返し読む。

毎年読んでいる『7つの習慣』は、毎年発見があるそう。

そういえば、
寺本さんは7つの習慣の「最新再生」の旅に出かけていましたね。
徹底的に自分自身と対話するために、
何も読まず、何も聞かず、何も書かず、沖縄のビーチで過ごしたそう。
(めちゃくちゃ辛く、4時間持たずに場所を移動したそうですが…)

今年読んだら、また違う気づきがあるんでしょうね。

フィードバックをガンガン出す人の成長

本を読むことは最低限必要ですが、それよりも実践すること。
実践することで見えてくるものも違ってくるからです。

コピーライティングは書かなければ意味がない。
コピーを書いて、フィードバックをもらう。
邪険にされてもフィードバックをもらう。
フィードバックを求める相手がいなければ、市場に出すか、お客さんに直接聞く。

フィードバックを何度も受けている人は、成長スピードが驚くほど速いとのこと。

今のところ私はフィードバックを求める相手がいないので、
このはちまるごブログが実践の場ですね。

何のために本を読む?

  1. 知識を得るために本を読むか?
  2. 何かをするために本を読むか?

知的好奇心は果てしなく、
その欲求に身を任せていると成果は出ない。

それよりも、
本を読んで1個でもいいから、紹介されていたテクニックや表現を使う方が
前に進むことができますよ、とのことでした。

本はグチャグチャにしないとダメとのことでしたが、
私はどうしても本を汚すことに抵抗があります。
線を引くなら、メモをとる方が心理的ハードルは低いです。

そして最後に、
セールスライティングを学ぶための最適な本として紹介されたのが、
『セールスライティング・ハンドブック』ロバート・ブライ著

本当は、ダイレクト出版さんから出版するつもりだったそう。
間違えて別の本の版権を取ってしまったそうですが、
それよりも『セールスライティング・ハンドブック』の方がオススメとのこと。

読みたい本がまた1冊増えました……

次回は、第14回「セミナーで結果を出す人、出せない人の違い」の放送を聞きます。

アイキャッチ
痛みを感じるセミナーで行動にうつすこんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから ...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。