キャリア

キャリア支援会に参加後、何から手をつけたか?

キャリア支援会に参加後、何から手をつけたか?

3月9日からマーケッター楠瀬健之さんの「セールスライターキャリア支援会」に参加しました。

申し込み後最初に届くメールが「ご参加おめでとうございます」というタイトルのメールと、Facebook グループへの招待です。

Facebook グループは、キャリア支援会参加者のみの非公開グループでして、参加者同士での相互レビューや、相談、情報共有の場として使ってくださいとのこと。

私は申し込み時に使ったメールアドレスとFacebookで使っているメールアドレスが違っていたのでグループへの招待メールでは参加できず、事務局の方に直接メッセージを送り参加手続きをお願いしました。

キャリア支援会に参加後、何から手をつけたか?

参加おめでとうメールには活用マニュアルが添付されていたので、まずそのマニュアルを読みました。活用マニュアルは11ページのPDFファイルで、9つあるサポートの内容や使い方について書かれています。

このマニュアルで驚いたのは、サポートの一つ「セールスライターキャリア個別相談」の方法でした。

セールスライターのキャリアに関する相談を楠瀬さんが個別に対応してくれるのですが、その方法はまず Facebook で友達申請を出してくださいとのこと。

えっ?
キャリア支援会に参加する人一人ひとりと友達同士になっちゃうの?

Facebook をなるべく使いたくない私は自ら友達を積極的に増やしていないので、楠瀬さんがこんなに簡単に友達申請を受けるなんて驚きだったのです。

グループにコメントを投稿されることも多いですし、プログラムを主宰しオンラインコミュニティを運営する人は、基本的にマメじゃないと務まらないですね。

Facebook グループに参加してまず私がやったことは、これまでの投稿をすべてひととおり読むことでした。

どんな内容がやり取りされているのか気になったからです。

動画やレビュー用のセールスレターは飛ばして、とりあえずグループへ投稿されたやり取りだけ読みました。

グループの投稿にひととおり目を通し、参加後10日ほど経ってから自己紹介を投稿しました。人によっては数ヶ月経ってから自己紹介をする人もいるので、これでも私は自己紹介が早いほうだと思います。

毎月最低3本は追加される動画コンテンツ

Facebook グループの投稿をひととおり読んだ後は、毎月追加されている動画コンテンツを見始めました。

キャリア支援会の9つあるサポートのうち、2つは動画コンテンツです。

一つがセールスライターキャリア講座の動画。

セールスライターとして、どのようにキャリアを歩んでいけばいいのか? セールスライターとして生きるということがどういうことなのか? といったセールスライターのキャリアに関する動画です。

もう一つが3ステップ顧客成長ビジネスモデル構築講座と呼ばれている動画。

その名のとおりビジネスモデルを3ステップで解説している動画です。

この2種類の動画は9つのサポートで提供されているものですが、それ以外にも毎月開催される「月1講座」と呼ばれる、東京・大阪・福岡で各1回ずつ約3時間の講座を収録した動画もあります。

毎月1回3会場分の動画が追加されるので、動画を見るだけでも結構な時間を取られます。

活用マニュアルに「この動画から見てね」と書かれているのですが、私はキャリア支援会に加えパートナー養成会にも参加したので動画の数も多く、どっちがどっちの動画やら訳がわからなくなります。

訳がわからないので、動画のチェックリストを作りました。今はそのチェックリストを確認しながら、一つずつ動画を見るようにしています。

とはいえまだ全部見終わっていないんですけどね。

1,000人まで拡大予定

この「セールスライターキャリア支援会」楠瀬さんによると1,000人まで拡大予定なんだとか。楠瀬さんが「1,000人」という数字にスケールメリットを感じているからだそうです。

私が参加した時すでに200人弱のメンバーがいたので、まだまだ拡大予定ということですよね。

キャリア支援会はパートナー養成会で動かすプロジェクトの一つに入っているので、ゆくゆくはキャリア支援会は楠瀬さんの手を離れるのかもしれません。

それこそ1,000人の参加者とキャリア個別相談なんてできないでしょうし。

私はこじんまりしたコミュニティのほうが好きなのでメンバーがまだ200人弱だったから参加しましたが、これが300人を超えていたら多分参加しなかっただろうなと思います。

ビッグプロジェクトに関わりたいという思いも強くないですしね。

無職で時間的に余裕があるからこそ

「セールスライターキャリア支援会」と「パートナー養成会」

先にキャリア支援会に参加し、パートナー養成会は後からおまけで入ったような感じです。

けれども実際に参加してみると、パートナー養成会の活動内容のほうが面白いですね。

今はパートナー養成会を優先でチェックしています。動画もパートナー養成会の動画を先に見るようにしています。まぁまだ全部見終わっていないんですけど。

もし今の私に本業があったら、この時点でもう挫折していますね。

動画を見るだけで訳がわからなくなるぐらいですから、キャリア支援会とパートナー養成会の両方を使いこなすなんてこと、できる気がしませんもの。

あてのない無職で時間的に余裕があるからこそ、まだ心の余裕が残っているんだと思います。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。