コピーライティング

書くスキル上達=たくさん書くこと

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングを勉強中の穂積ミズホです。

長いビデオの教育効果のおかげで…

セールスライティングのことを知ったのは、
ダイレクト出版さんが販売していた
『ウェブ・セールスコピーの法則』という本を読んでからです。

実際は、その本を紹介するための長いセールスビデオで知りました。
ビデオの教育効果のおかげですね。

その後、
ダイレクト出版さんが出している
12週間セールスライティングの講座に申し込みました。

この講座は、セールスコピーを学ぶための基礎講座です。
ダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムとのこと。

6万9,800円の講座です。
『ウェブ・セールスコピーの法則』を購入した人限定で1万円引きになりました。

とはいえ、経済的に余裕がない私にとって6万円の出費は痛すぎます。
だから買う決心をするまで迷いました。
それだけの価値があるのかわからないですし。

コピー上達の4ステップ

そこで、ダイレクト出版さんのブログを片っ端から読みました。
(私は気に入ったブログがあると、最初から記事の全部を読むことが多いです)

その中で、寺本さんが書かれている記事の中に
4ステップコピー上達法という記事がありました。

そこで書かれていたコピー上達の4ステップとは…

  1. ブログを開設する/メルマガを発行スタートする
  2. テーマを決める
  3. 毎日、書く
  4. コピーライティング/ダイレクトレスポンスマーケティングについて、勉強する

…以上の4つです。

1〜3はアウトプットに関して、4はインプットです。
アウトプットの重要性はアチコチで言われていることですが、
それを実践しているかどうかはまた別問題ですよね。

行動するまでに時間がかかる私ですが、
このアウトプットはハードルが低い方法なので、
とりあえずライティングの習慣化のためにブログを始めたわけです。

これが
「セールスを理解するために営業をしてください」
だと、私にはハードルが高くなります…

とにかく書く

この記事によると、
3,000文字を1〜1.5時間程度で書けるようになれば、実力がついている。
とありますが、さすがに最初から3,000文字は厳しい。

なので、今は1,000〜1,500文字を目安に書くようにしています。
継続することが大切だと思いますし。

時間もキッチンタイマーを使って測っていますが、
そこまで時間を意識していません。

このような日記形式であっても、
思ったより書き終わるまでに時間がかかっています。
その度に落ち込んでいても仕方がないので、
そのうちスピードも上がるだろうと思って、時間のことは気にしていません。

完璧主義の傾向がある私にとって、毎日継続するためには
気にしない部分、諦める気持ちも必要です…

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。