ひとりごと

ほぼ日手帳を使って目標を達成しよう

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングを勉強中の穂積ミズホです。

ここ数年は紙の手帳を使っていなかったのですが、
今年から使うことにしました。

ほぼ日手帳を使い始める

最近読んだ本の中で、
ゴールを書き出して定期的にチェックすることで、
達成できる可能性がずいぶん高くなる…と書かれていたからです。

パソコンなどデジタルな方法でも大丈夫みたいですが、
手書きの方がより効果があるのでは…と思います。

ちょうど12月に手帳を使おうと決めたので、
タイミング的にもぴったりでした。
思い立ったらすぐに手帳を買いに行けたので。

妹が今年からほぼ日手帳を使い始めたので、
それに便乗して私もほぼ日手帳を買いました。

オリジナルのほぼ日手帳は私にはグチャグチャしていて、
あまり好きになれませんでした。
だから、これまでまったく興味が持てませんでした。

でも、妹が買った英語版のほぼ日手帳Plannerは、
シンプルでとても見やすく使いやすそうでした。
Plannerだからこそ買ったという感じですね。

ほぼ日手帳は売れているだけあって使いやすい

ほぼ日手帳は1日1ページなので、たっぷり書くスペースがあります。
大きさも文庫本サイズなので、
持ち運びやすいし、手に馴染みますね。

ほぼ日手帳のウリの一つに、
180度パタンとひらくから、どんな場所でも書きやすい。
…とありますが、確かにその通りでした。

書きやすいです。
書きたくなります。

目標達成のためにこの手帳を使うつもりです。

手帳の後ろのフリースペースを使って

  • 7年後のゴール
  • 1年後のゴール

を書いています。

毎月、月の初めにはフリースペースがあるので

  • 毎月の目標
  • 毎週の目標

を書いています。

毎週の目標はできれば違うページを使いたいのですが、
ちょうど適当な場所がないので、
とりあえず月の初めのフリースペースに書いています。

毎日の課題をやり終えたらチェックを入れています。
ちょうどいい感じでラインが引いてあるので、チェックしやすいですし。

手帳はいい感じなのに…

まだ使い始めて数日しか経っていませんが、いい感じです。
とはいえ、もっと使いやすいように改良したいですね。

手帳カバーをつけるのがイヤなので、そのまま使っています。
…が、カバーをつけないと角が折れそうなので、
持ち運びやすい手帳なのに、結局家に置いて持ち運んでいません…

イマイチ、手帳を活用できていないです…

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。