License to beat

セールスライティングクラス最後の講座

セールスライティングクラス最後の講座

去年6月から始まった「License to beat」

ビート・ザ・コントロール(通称ビーコン)の小野さんが主宰する年間プログラムです。

このプログラムは3つのクラスから構成されており、そのうちの一つ賢者舎クラスは半年間だったので、去年の11月末ですでに終わっています。

そして残り二つのクラスも小野さんの講義は今週末で終了します。

4月1日土曜日がセールスライティングクラス、翌日4月2日の日曜日が自分という器クラスの最終講義。

一応5月末が最後の最後だと思いますが、小野さんの講義がないので実質的には今月で終わってしまう感じですね。

小野さんのブログによると、2017年度版 License to beat のお知らせが4月から始まるようなので、これ以降は新しい License to beat に移り変わるのかな。

これにて1期生は卒業です。

選ばれる人になる

さて、セールスライティングクラス最終回の今回のテーマは「選ばれる人になれ編」

毎月1回開催されるライティングクラスの講義ですが、今年になって参加者が激減しました。

ライティングクラスが始まった初回の講義参加者は12人。そのうち人数が減り毎回6人前後。そして今年になって2〜3人の低空飛行を続けていました。

今回は最後の講義になるので6人が参加しました。

小野さんはご自身の経験から人数が減ることは予想していましたし、半分程度残ればいいほうだと思っていたそうです。最後の講義には6人参加しているわけですから、人数が減ったとはいえマシなんでしょうね。

ちなみに私は記事の納品を全然していませんが、毎月1回の講義には皆勤賞でした(笑)

毎月1回の講義はいつも東京開催だったので、東京在住の私は気軽に参加しやすかったからなんですけどね。

今回の「選ばれる人になれ編」は小野さんが講義をするというより、参加者が自ら手を動かすワーク中心の内容でした。

最初に1年前と今を比較するワークがあったのですが、書き出してみると1年前と今では考えていることも目指していることも違っていました。

1年前に不安に思っていたことはすでに解消していますが、また別の不安を抱えています。この不安も1年後には解消され、また別の悩みを抱えているのかもしれませんね。

最後だと思うと寂しい

自分という器クラスのメンバーに比べて、セールスライティングクラスのメンバーとは交流も少ないし、そもそも私は記事を書いていない落ちこぼれなので、ライティングクラス最後の講義とはいえ特に何も感じないと思っていました。

でもですね、やっぱり最後だと思うと寂しいんですよね。

「あぁ、もうこれで会わなくなる人もいるんだろうな」

ほかのメンバーが今後どのような道を歩むのかわかりませんが、これっきり会うことがない人もいると思います。

セールスライティングの世界は狭いのでまた何処かでひょっこり出会うかもしれませんが、それはお互いにライティングを続けていたらの話。

私はライティング活動をしていませんし、ライターとして生計を立てたいのかも微妙です。

今のところセールスライティングのスキルを磨いてビジネスに生かしたいと思っていますが、1年後には諦めているかもしれません。

別れがあるから新しい出会いもあるわけですが、寂しいことに変わりはないですね。

なんて書いておきながら、2017年度版 License to beat でまた顔を合わせたりして(笑)

「相変わらず失礼なことを言いますね」

今回の講義は最後だったので、本講座の前に開催されている補講から参加する予定でした。補講+本講座+懇親会含め、最初から最後まで全部参加するつもりだったのです。

ところが最後の講義なのに二度寝してしまい、補講に間に合わなかった……

私は自己管理が甘いんですよね。
これで何度失敗していることか。
またやってしまったと思いました。

それはともかく、補講には参加せず本講座からしれっと参加したのですが、補講に参加しなかったことを小野さんに聞かれて私はまたやらかしてしまったようです。

小野さんがひとこと「相変わらず失礼なことを言いますね」

ぎゃー!

自分という器クラスでも私は暴言を何回か吐いていますが、小野さんに対する態度がかなり悪いようです。

これって私の欠点でして、距離を感じる最初のころは丁寧な態度なのに、距離が近くなったと思うと途端に図々しくなっちゃうんですよね。自分でもこの差が極端だよなと実感しています。

小野さんは優しいから、この優しさに甘えている部分があるなと。

1年前に比べたら小野さんとの距離は近くなっていると思いますが、やっぱり超えてはいけない線がありますよね。

うん、最後の最後に反省です。

水と油の関係なのか?

実は懇親会でも小野さんから「水と油の関係」と言われました。

いえ本当は小野さんが間違えて「火と油の関係」と言ったのですが、それだと火に油を注ぐ関係ということで小野さんが言いたいことと違いますと、ほかのメンバーからツッコミを受けていました。

そうなんです。
「水と油の関係」なんですって。

ぎゃー!

私は小野さんと一緒に居続けたいと思っているのに、どうしたらいいんだろう? このまま突っ走っていいのか?

明日の自分という器クラスが終わってからその足で小野さんは大阪に向かうそうなので、私も大阪行きに同乗し、イメージアップ回復作戦を実行せねば。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。