コピーライティング

音声を止めては書き、ちょっと聞いてまたすぐ止めては書き……

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信講座。セールスライティングの基礎から体系的に学ぶことができます。12週目を過ぎましたが、途中から失速したので最初から復習をしています。

前回は、第8週目ヘッドラインでした。

アイキャッチ
40のテンプレートを使ってヘッドラインをスラスラ書くこんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんの12週間セールスライティング通信...

第9週目は、引き込まれるオープニングを書く方法です。ビッグアイデア、ヘッドラインに続き今回のオープニングと、セールスレターでも重要な部分が続きます。

オープニングの目的とは?

ダン・ケネディは、オープニングとはヘッドラインの続きだ、と言っています。

ヘッドラインは見込み客の興味を引き、本文を読んでもらうことでした。そのヘッドラインの続きということは、より深くそのコピーに読み手を引き込み、読み手に頷いてもらうことなのです。

29のオープニングのテンプレート

ヘッドラインに続き、今回もオープニングのテンプレートが大量に紹介されました。

12週間通信講座には資料がほとんどありません。なぜ資料がないのか?

  • 資料があると自分で考えない
  • 自分でノートにまとめることで学習効果が高まる
  • 自分だけのノウハウ集を作るため

とはいえ、今回のオープニングのテンプレートをノートにまとめるのは、思った以上に大変でした。それぞれ型とサンプルが紹介されたのですが、それを全部書き写したからです。

サンプルを書くのが面倒だったのですが、サンプルを書かないとわかりにくいのです。

音声を止めては書き、ちょっと聞いてまたすぐ止めては書き。この繰り返しでした。このノートにまとめる作業の部分で脱落する人が多そうですね。

コピーをすばやく書くための10の方法

オープニングのテンプレートの後、すばやくコピーを書くための方法が10個紹介されました。

ノウハウではありません。というのも「パソコンのキーボードのブラインドタッチをマスターする」なんてことも紹介されましたので……

ブラインドタッチができる人には当たり前のことでも、パソコンが苦手な人にとってはブラインドタッチも大きなハードルになりますね。

そういえば、1月に参加したセールスライター起業講座の参加者ですが、想像以上に年齢層が高めで、正直びっくりしました。さすがにパソコンが使えないという人はいないでしょうが、ブラインドタッチができない人はいるかもしれませんね。

次回は、ブレットの書き方です。

アイキャッチ
箇条書きはアピール力が強い?こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 基礎からセールスライティングを体系的に学ぶことができ...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。