ひとりごと

今週水曜日のレビュー本は『味方を増やす「口説き」の技術』に決定

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんの新刊本が毎月届くサービス、月間ビジネス選書。
3月の新刊本が届きました。

G・リチャード・シェルとマリオ・ムーサの共著
『味方を増やす「口説き」の技術』です。

『味方を増やす「口説き」の技術』とはどんな本?

著者のお二人とも、
ペンシルベニア大学のウォートン・ビジネススクールで、
戦略的説得ワークショップを主催しています。

この本は、そんな彼らが企業やNPOの幹部に交渉術を教えてきた経験をまとめたものです。

本の帯には、
「ロバート・B・チャルディーニ氏大絶賛!!」と書かれています。
ロバート・B・チャルディーニ氏といえば、『影響力の武器』の著者ですね。
これは気になりますね。

「10カ国で翻訳された世界的名著、その日本語版がついに解禁」とのこと。
この「解禁」という言葉が、さらに期待感を煽ります。
交渉や説得といったことに尻込みしてしまいがちな私にとって、
興味深い内容です。

そもそも「口説き」とは何か?

「口説き」とは、人間関係に裏付けされた説得行為のこと。

アイデアを売り込む際に、
強制力や腕力などで相手に無理強いすることなく、
人間関係をベースにして承認をとりつける戦略プロセスです。

説得の名手たちのエピソードが紹介され、
その現実の例に即して話が進んでいきます。

そして、
自分のことがわからなければ相手を「口説く」ことなどできない…
ということで、
自分自身の説得の傾向とその対策を知るために、2つの自己診断テストも紹介されています。

月間ビジネス選書で新刊本を受け取ってみて…

  • 本を買いに行く手間がない
  • その割に、人より少しだけ早く読むことができる
  • 強制的に本を読むことができる

とはいえ、いまだ本が積ん読になっている状態の私。
「水曜日のブログは本のレビューをする」と決めなかったら、
やっぱり積ん読になっているかもしれません。

ちなみに、毎回届くかわからないのですが、
書籍の概要がわかる「Big Idea Report」が便利ですね。

ということで、今週水曜日のレビュー本は『味方を増やす「口説き」の技術』に決めました。

よろしければ、お楽しみください。

アイキャッチ
『味方を増やす「口説き」の技術』こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 水曜日は本のレビューの日です。 今回は、『味方を増...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。