License to beat

License to beat 自分という器クラス_京都編

飛び立ちたいのよ

3月の License to beat 自分という器クラスは久しぶりの平日開催に、いつもとは違う京都での集合。こうやって外に出るのは楽しいですね。

じっくり考えたりディスカッションを進めるなら座学ですが、東京開催の座学が続いてちょっと飽きていました(笑)

来月4月も東京以外で開催予定だと思っていたら、場所は未定とはいうものの東京開催のようです。

なんだ、残念。
できれば東京以外がよかったなぁ。

今週2度目の新幹線でして、新幹線に乗るのが好きな私には嬉しい一週間になりました。

時間もあるんだからもっと活動的になればいいのですが、基本的に出不精の私は用事がない限り外出しないんですよね。だからこういった講座への参加など強制力が働くほうがありがたいです。

今回も新幹線でブログの記事を書いてみた

今週2度目の新幹線。

前回に引き続き今回も新幹線でブログの記事を書いてみました。

事前に指定席を購入していたので今回は3列並びの窓側の席です。窓側の席のほうがノートパソコンを広げやすいんですよね。

窓側の席には電源コンセントもありますが講座の時間中にはパソコンを開くこともないでしょうし、ブログの記事を書くだけならノートパソコンの電池の減りも気になりません。今回は日帰りですし。

念のために電源コードも持ってきましたが、多分使わないだろうなぁ。

京都観光

今回の講座のテーマは「原点」

今でこそ講師の小野さんは活躍されていますが、それまでに現状を変えたいと10年以上もがいていた時期があります。

私はダイレクト出版さんのアプレンティスという講座で活躍されていた頃からしか知らないので、一気に成功への階段を上ったようなイメージを抱いています。

けれども芽が出ない時間が思った以上に長かったということですね。その芽が出ない年数があったからこそ、一気に駆け上がることができたのかもしれません。

そんな芽が出なかった頃のエピソードを紹介しつつ、小野さんによる京都観光を楽しみました。

平日の昼間だったのですが思った以上に観光客が多く、これには驚きました。

私が平日の昼間に動けるようになったのはここ数ヶ月のことですが、いつまで経っても自分の想像以上に平日の昼の時間に動く人が多いことに慣れません。

途中、小野さんが話しているにもかかわらず自分の世界に入り込んでしまったので、それを見てほかのメンバーがどう感じたのかわかりません。

けれども眼下に広がる景色を眺めながら、私は何を残して何を捨てればいいのか、License to beat が終わる5月までに私はどのように行動すればいいのか、そんなことを考えていました。

パッと見た目は冷めきった態度でしたが……

新幹線のグリーン車

新幹線のグリーン車

東京に戻るために小野さんと一緒の新幹線に乗ったのですが、せっかくの機会だったので新幹線のグリーン車に乗ってみました。

快適です。
もっと乗っていたい!

グリーン車専属のアテンダントさんがいたり、おしぼりが出てきたり膝掛けを利用したり。はしゃぎ過ぎると恥ずかしいので控えめに装っていましたが、心の中はワクワクでした。

グリーン車に乗ることが非日常から日常になればいいなぁと思いつつ、ランチのお店で購入した極上カツサンドを食べていました。

この極上カツサンド、5,000円もするんです。
びっくりですよ。

でも自分の器クラスの講座で来店したからという理由でもない限り食べることもないと思ったので、お土産に購入しました。

毎回グリーン車である必要はないけれど、ときには極上カツサンドを頬張りながらグリーン車に乗りたいですね。

新幹線、新幹線、新幹線

今回も気づいたら新幹線のことばかり書いていました。どれだけ新幹線が好きなのか。というよりも乗り物全般が好きなんですよね。

さすがに今月はもう新幹線に乗ることはないだろうなぁ。

帰りの新幹線で小野さんと隣同士で座ったからということもあり、話す必要がないことまでペラペラ喋っていました……うぅ。

そういえばメンバー同士がお互いのブログを読んでいるようです。私以外のメンバー全員チェックしているブログがありまして、みなさんその話題で盛り上がっていました。

私なんてこの記事で読んだっきりほとんど読んでいません。

心配だからブログを読んでいるという情に熱いメンバーもいましたが、とにかくお互いの近況をブログで知っているようでして、それにはビックリです。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。