コピーライティング

『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』

アイキャッチ

こんにちは。
穂積ミズホです。

水曜日は本のレビューの日です。
今回は、『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』を取り上げます。

『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』とは?

概要

『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』は、
すぐに役立つ成功事例だけでなく、
マーケティングに対する思考をも変えてくれる本です。

この本の対象は、オンライン上の店舗ではなく、
地域密着型の実店舗ビジネスです。

だからといって、
実店舗ビジネスに携わっていない人には役に立たない、ということでもありません。
集客について知っておくことは、決して損にはならないからです。

この本は、
「ダン・ケネディの本、無料であげます」という件名のメルマガから手に入れました。

無料で本が手に入る機会は逃したことがない私です。
もちろん今回もすぐに反応しました。
普段はスロースピードの私ですが、こういうときの行動は素早いのです。

どうやらこの本は、
『ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門』
というタイトルに変わるようです。

ダン・ケネディの商品、マグネティック・マーケティングのフロントエンド商品として、今なら無料とのこと。
ダイレクト出版さんは、最近このパターンが多いですね。

著者について

著者は、ダン・ケネディ。
米国のダイレクト・マーケティング界のグル。

今から40年以上前のまだとても若かった頃、
ダン・ケネディは成績証明書も持たず、
正式な訓練も受けず、
弟子入りすることもなしに広告業を始めました。

今では彼は、大手企業のみならず多くの起業家や中小事業主に対して、助言を行っています。

20年以上にわたり、
マーケティングの話題を扱う講演家として、
最も需要があり、人気が高く、専門的な一人として活動しています。

ずっと一線で活躍し続けることができるのは、本当にスゴイことですね。

本の内容

大きくわけると、3つのパートで構成されています。

  1. 並外れた成功のための基盤作り
  2. ダイレクト・マーケティングの活用
  3. 情報リソース

パート1は、
ダン・ケネディによるダイレクト・マーケティングの集中講座。
まずは基本原理を学びます。

パート2は、
各分野で成功しているビジネスオーナーによって書かれた事例集。
10個の事例が載っていて、ダン・ケネディも最後の1章を書いています。

パート3は、情報リソースと参考資料。
特別付録として、
「ダン・ケネディの短期間で一気に利益を増やすマーケティング&セールス戦略」のスペシャル音声がダウンロードできます。

『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』を読んでみて

やることが明確

前回は『究極のマーケティングプラン』を、
今回は『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』と、
続けてダン・ケネディの本を読みました。

アイキャッチ
『究極のマーケティングプラン』ダン・ケネディ著こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 水曜日は本のレビューの日です。 今回は、『究極のマ...

私は無駄が嫌いだ」と書かれていましたが、
結果を出すための努力は怠らない一方で、必要ないことはバッサリと切り捨てますね。

文章は断定的で、攻撃的なこともあります。
「こんなやり方はやめよう。馬鹿げている」
「だがそれは間抜けもいいところだ」

この感じが苦手な人もいると思いますが、私は小気味よさを感じました。
実績がない人の言葉だったら滑稽ですが、
ダン・ケネディの言葉なら「そうだよね」と納得できます。

結果を出す10のルール

ダン・ケネディによると、ルールとは普通の人々のためにあるもの。
真の起業家なら必要ないもの。
…とのことですが、普通の私にはこのルールが必要です。

マーケティングが劇的に向上するルールが10個書かれています。
ダイレクト・マーケティングに関するルールです。
そのなかで、最後の10個目。

意志が強く規律に厳しい人間になって、少なくとも6カ月間はダイレクト・マーケティングの厳格な習慣に従ってビジネスを続ける

さらに、贅肉のとれたダイレクト・マーケティング事業者へと変化する5つの過程が説明されています。
第1は「ビジネスから価値のないものを一掃する」です。

この10番目のルールが一番大切で、かつ難しいのではないかなと。
情報過多の時代、いくらでも情報は転がっていますから。
つい目移りしがちですよね。

ニュースレター

ダン・ケネディのオススメは、月刊の顧客向けニュースレター。
内容が的確なら、顧客はニュースレターが届くのを心待ちにするとのこと。
ニュースレターをやらない言い訳4つに対して、NO!と突きつけています。

やらない言い訳 ケネディの答え
なぜ毎月?1年に4回は? 毎月でなければならない
費用がかかり過ぎる 最高の投資だ。財務に疎いのか?
メールなら無料だが? 印刷されたニュースレターの代わりにはならない
書けない、時間がない 学び、時間を作ろう

ニュースレターは面白そうですが、
毎月発行となるとちょっと尻込みしますね…
やっている人が少ないだけに、面白そうだと思うのですが。
決まったフォーマットを作れば、続けられるかも…
オンラインで試験的に試してみればいいのかな?

まとめ

『ダン・S・ケネディの小さな会社のための集客成功事例大全』は、
参考になるダイレクト・マーケティングの活用事例が載っています。
それだけでなく、マーケティングの基本原理も学ぶことができます。
成功サンプルやセールスレターも載っているので、参考になります。

ダン・ケネディのズバっとした物言いに、
あなたはスカッとするかもしれません。
やるべきことが明確だからです。

もしあなたが、
ダイレクト・マーケティングをどう活用すればいいか迷っているなら、
この本はいかがでしょうか?

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。