ひとりごと

先輩セールスライターに聞きました_小野貴正さん(後編)

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

今回は「先輩セールスライターに聞きました_BeatTheControl 小野貴正さん」の後編をお送りします。

アイキャッチ
先輩セールスライターに聞きました_小野貴正さん(前編)こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 私が勝手にモデリングしている BeatTheCont...

質問3 小野さんが魅力的だと思うセールスライターとは?

脳と会話できるセールスライターさん、ですね。

クライアントさんの脳と会話して、
レターの読み手である見込み客さんの脳とも会話する。

それで、市場性があるなしの判断とか
クライアントのゴール実現には
誰に何をどのように伝えればいいのか提案できる。

その上でビジネスモデルの提案までできれば、スゴイな、と思います。

寺本さんとか島田さんとかはこのタイプですよね。
そもそもこの二人をセールスライターという括りで
呼ぶことにちょっと違和感ありますが。

寺本さんとは、ダイレクト出版の寺本さんのこと。

島田さんとは、小野さんが影響を受けているプロモーターの方。島田さんのプロフィールを見ると、職業「島田晋輔(しまだしんすけ)」とのこと。多才な方のようですね。

セールスレターの読み手の脳だけでなく、クライアントの脳にも入り込むという点が興味深いです。

小野さんのコピーは、アプレンティスで何度もコントロールコピーに勝っています。

その理由の一つに、寺本さんやダイレクト出版さんの望むようなコピーを書いたという点があります。セールスライティングのスキルアップのためには、採用されなければ意味がないからです。

こういった視点も、実績を出している人ならではですね。

質問4 小野さんが残念だと思うセールスライターとは?

見込み客の脳と会話できないセールスライターさん。

クライアントさんとコミュニケーションできないセールスライターさん。

・・・ですかね・・・。

小野さんが私のブログを読んで感想をくださったとき、残念なコピーライターの記事について触れていたので、この質問をしてみました。

ひとりよがりなコピーしか書けないセールスライターということですね。

アイキャッチ
勉強のやりすぎにはご注意こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんのブログ、 ザ・レスポンスで興味...

質問5 会社員として働きながら、セールスライティングの勉強をするためのコツがあれば教えてください。

スキルアップの日課をルーチン化し、時間と順番を決めることです。

例えば朝4時に起きたら
*腹筋50回
*ビジュアライズ
*写経
これらを5時までにこなし、

*ブログ2本とメルマガ1本
これらを6時までにこなす。

通勤時間中は
*レネゲイド・ミリオネア・システムなどを眠りながらでも聴く

帰宅後は
*ブレットライティング
*セールスレターのライティング

・・・をやり、1時には寝る、というような
ある1日があるとして、
コレを毎日同じ順番で同じ時間にやり続けることです。

寝坊しても順番は変えない。

必ず短縮してでも家を出る前にやるようにすると、
潜在意識が勝手にやってくれるようになります。

あと、コレがすべてですが・・・
*コア・バリューの発見とマスタープランの作成

ホント、コレがないと多分荒行みたいになるので、
続かないですよね、、、

これを見るだけでも、小野さんのスゴさがわかりますよね。

会社に勤めながら、セールスライティングの勉強も怠らず、圧倒的な数のセールスレターを納品する。だからこそ、小野さんは一気に稼げるセールスライターへの道を駆け上がったということです。

実際にお会いして小野さんのビジネスプランも聞いたのですが、どれもワクワクするようなものばかり。私もそれに関わっていきたい、と強く思いました。

タイミングを逃したくないと思いますので、どうしたらその波に乗れるか考えたいと思っています。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。