ひとりごと

「レビューを書きませんか?」「アンケートに協力してもらえませんか?」

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングを勉強中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版という会社を知ったのは、去年の11月頃のことでした。
長いセールスビデオを見た後、セールスコピーの本を買いました。

インターネット経由で直接購入するスタイルだったので、
本一冊とはいえ買うまでに迷いました。

メルマガで毎日教育される

その後、ダイレクト出版さんから毎日メルマガが届くようになりました。
初めての購入だったので、
最初のうちは設定されたステップメールが届いていました。
(多分、教育用のステップメールですね)

ダイレクト出版さんからのメルマガは、基本的にすべて目を通しています。
勉強になるし、単純に面白いからです。

お客さんとの関係を大切に考えているのがわかります。
それに、結構お得な情報も多いから見逃せないんです。

ダイレクト出版さんのことを知ってから、
まだ2ヶ月ちょっとしか経っていませんが、その間に無料プレゼントを2回経験しました。

ポッドキャスト100回目の2周年記念

最初は、ポッドキャスト100回目の2周年記念で、本を無料プレゼントでした。
偶然ポッドキャストを聞いて、半信半疑ながらプレゼントに応募したことを覚えています。

まさか、これがもれなくプレゼントとは思いませんでした…
すっかり「先着◯◯名様」だと思っていたので。
この時に頂いた本は
インターネットマーケティング最強の戦略』(小川忠洋著)です。

音声ファイルもダウンロードできたので、
本を読むだけでなく、耳から聞くこともできました。
ラッキーです。

無料で本をプレゼントするなんて、太っ腹だなぁと思いました。
(その分、他できっちり回収できているということですね…)

テストマーケティングで本を無料配布

2個目の無料プレゼントは、リッチ・シェフレンの本です。
100万人が読んだインターネットビジネス「マニフェスト」の本とDVDです。
彼のコンテンツを扱うようになったので、
テストマーケティングとして無料で配るとのことでした。

社長の小川さんが熱心に売り込みをしていたので、
ダイレクト出版としても力を入れているなぁという印象でした。
それとも、小川さんがただ単に彼のファンだからなのかな?

返報性のルール

そんな感じで、短期間に無料プレゼントを2回も経験したので、
ダイレクト出版さんからのお願いには、できるだけ参加しようと考えています。

お願いというのは、
「レビューを書きませんか?」だったり、
「アンケートに協力してもらえませんか?」というものです。

今のところ、そのようなお願いが5個溜まっています。
ついつい後回しにしているのですが、
どうせならダイレクト出版さんの濃いファンになるのもアリだと思うので、
必ず対応しようと考えています。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。