License to beat

相変わらずリサーチとライティングがごっちゃ混ぜ

相変わらずリサーチライティングがごっちゃ混ぜ

こんにちは。
ミズホです。

はちまるごブログはほとんど日記ブログと化しているので、自分の中で記事を書き上げるまでの流れは決めているものの、じっくり内容を考えて書くことはありません。

はちまるごブログを始めて毎日更新を続けていた頃は、書くネタに困らないように曜日ごとに内容を決めていました。

月曜日と木曜日はコピーライティングの勉強のこと、火曜日はポッドキャストの感想、水曜日は読んだ本のレビューの日。こんな風に曜日ごとに内容を決めて書いていました。

このやり方だと今日は何を書こうと考えることはありませんが、日記ブログのように気楽に書くことができません。

そのうちブログを書くことが苦しくなりました。

だから今は気楽に書ける日記ブログでも良しとしています。完全なる自己満足ですね。

オウンドメディアの記事とお気楽ブログの記事

お気楽ブログではキーワードを考えたり構成を練ったりすることもありません。でもセールスライティングクラスで請け負っているオウンドメディアの記事は違います。

クライアントさんに納品するためにはある程度の質が必要ですし、それで報酬を得るわけですから記事の修正にも対応しなければいけません。もちろん細かい納品ルールも守る必要があります。

自分のブログを書くのとは全然違いますね。

リサーチも必要です。それもできるだけ信頼性の高いものをリサーチです。

ネットで情報を探しているとわかりますが、同じような情報が手を変え品を変え書かれているだけのことがほとんど。検索上位の記事をリライトですね。

リサーチなのか、ライティングなのか

私はリサーチが苦手です。リサーチしているうちにどんどん深みにはまっていくんです。

仕方がないからある程度のところで記事を書き始めるのですが、書きながらリサーチもしてしまう。ライティングとリサーチがごちゃ混ぜになってしまう。

リサーチしながらライティングをすると、とにかく時間がかかってしまいます。ムダに時間がかかるんですよね。その割にはリサーチが浅かったり。

ライティングにも集中していないし、リサーチにも集中できていない。結局中途半端で終わっています。

記事を書き上げるのも遅くなるから、書いている途中でイヤになっちゃう。

あら、いいことが一つもないですね。

自分のやり方に固執しすぎなのだろうか

さらに記事を書き上げるまでに時間がかかっている原因の一つが、記事を書き上げるまでのやり方を決めていること。

最初にアウトラインを決め、それに合わせて内容も書きます。書き終わったらテキストファイルにコピーし最初の編集。今度はブログの投稿画面にコピーし2度目の編集。

試行錯誤しながら今はこのやり方に落ち着いていますが、ひと手間余計ですよね。その分時間がかかりますし。

どうやったら時間短縮につながるか、それもこれからの課題です。

恵まれた環境です

オウンドメディアの記事はセールスレターほど結果を求められません。

まぁ、オウンドメディアの記事は始めたばかりですし、セールスレターで報酬を得たこともないので、私の勝手な推測ですけど。

セールスライティングクラスで請け負っているクライアントさんは、かなりライターに理解があるとのことでライティング環境は恵まれています。あまり厳しいことも言われません。

とはいえ、その恵まれた環境に甘んじていたら成長は止まるんでしょうね。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。