License to beat

セールスライティングクラスの課題を無理やり提出

勝手に送りつけ戦法

今日は License to beat セールスライティングクラスの講座がある日です。

毎回講師の小野さん(ビート・ザ・コントロール、通称ビーコン)から事前に出席確認が入るのですが、どうやら今回は参加者が少なそう。今までで一番参加人数が少ない会になるのではないかと思います。

セールスライティングクラスでは年内締め切りの課題が出ていまして、締め切りまでに仕上げることができなかった私は、課題を提出せず放置していました。

ですがつい先日ブログにも書いたように、これまでと同じように課題を提出せず講座に参加するのもどうかと思い、ようやく課題を仕上げ、無理やり小野さんに課題を提出しました。

勝手に送りつけ戦法です……

スワイプファイルは Be yourself を使う

課題はセールスレターを書くこと。
商品は小野さんの半日ライティングセミナーです。

小野さんのブログやメルマガを使って実戦で試すことになると思うので、スワイプファイルは小野さんの読者さんが見慣れているものを使いました。

去年11月に開かれたビーコンライブセミナーのセールスレター「Be yourself」です。

講座でもこの Be yourself を使ってセールスレターの書き方を学んだので、構造がわかるから書き上げるまでの時間短縮にもつながりますしね。

日時や場所、参加費の書き方などは、このスワイプファイルをそのまま使いました。

商品であるライティングセミナーの詳細は小野さんから指示が出ていますし、オファーもしっかり組み立てられていたので、セミナーの概要部分はスワイプファイルに沿って比較的すんなり書くことができました。

最後に書き上げた部分はオープニング

最後まであーでもないこーでもないと時間がかかったのが、オープニング。

ここで読み手を引き込まなければいけないのに、どういう切り口で書けばいいのかわからない。

とりあえず書いてみるものの、尻切れとんぼになってしまい、自分で読んでもこれはないだろうと笑ってしまうほど。

それでも最後まで書き上げたかったので、あれこれこねくり回して何とか仕上げました。

以前ダイレクト出版さんのセミナーに参加した時、講師の方が「10%の出来でも20%の出来でも、とにかく出す」というようなことを話されていましたが、私もとにかく書き上げ、小野さんに提出することだけを考えました。

締め切りはとっくに過ぎたけれど無理やり提出

最後にレイアウトを整えて、ひとまず完成。

できあがったファイルをチャットワークで小野さんに送り、無理やり課題を提出しました。

締め切りはとっくに過ぎたけれど、今日のセールスライティングクラスの講座には間に合うので、「時間があればレビューをお願いします」とちゃっかり書いておきました。

もしかしたらレビューしてくれるかなぁと期待を込めて(笑)

セールスレターのレビューを受けられる機会ってほとんどないので、せっかくならレビューしてもらいたいですもの。

今日の講座は提出課題のレビューが中心になるとのことなので、ほかの人がどんなセールスレターを書いたのか、それを読むのも楽しみです。

あきらめなければ勝つんだよ

課題を仕上げ小野さんに提出したのが、今日の朝6時前。

とりあえず提出できたーとホッと一息ついていたら、その後すぐに小野さんから返事が届きました。ビックリです。

そこに書かれていたメッセージを読んで、小野さんは優しいなぁと。

とりあえず課題は提出しましたので、残る問題は今日の講座を途中で寝ないことですね。講座は12時からなので、それまで数時間ほど寝ておこうかな。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。