ひとりごと

「セールスライティングスタートアップガイド」も印刷して読み直す

セールスライティングスタートアップガイド

先日のこと。
小冊子印刷なるものを試すためLicense to beat のセールスレターを印刷しました。

「License to beat」とは私が受講している年間プログラムでして、去年2016年6月から始まりました。プログラムの主催者はビート・ザ・コントロール(通称ビーコン)の小野貴正(おの たかまさ)さん。

ダイレクト出版さんでセールスライティングの存在を知り、セールスライティングを学んでいる人はどのように勉強しているのか知りたくて、ネットで情報を探しているときに小野さんのブログを見つけました。2014年の秋頃のことです。

私の手元には小野さんの「セールスライティングスタートアップガイド」という小冊子もあるので、このガイドもセールスレターと同様に小冊子印刷をしました。

PDFファイルで読むか? 紙に印刷して読むか?

この「セールスライティングスタートアップガイド」という小冊子は、小野さんのブログからメルマガ登録をするとプレゼントされる無料特典です。全42ページのPDFファイル。

手にした方はご存知かもしれませんが、内容はもとよりデザインも凝った作りになっています。

私はPDFファイルを受け取ってすぐに読んだ後、ファイルを保存してそのまま何もしませんでした。

今回小冊子印刷をしたので、改めて読み直してみました。紙に印刷をして良かった点が3つあります。

  1. 小冊子印刷なので、本のようにパラパラめくって全体を眺めることができる
  2. データ(PDFファイル)より、実体(紙に印刷)のほうが価値を感じる
  3. 内容が頭に入りやすい

無料特典でもらうPDFファイルはパソコンの肥やしになっていることが多いと思います。

小野さんはこのスタートアップガイドの製本版を見据えているようですが、紙に印刷されたほうが価値は感じやすいですね。

ブログの内容がコンパクトにまとまっている

このガイドは副業・独立へ向けたセールスライティングスタートアップガイドでして、全11章+特別編で構成される予定とのことですが、今のところ「第1章 副業・独立準備編」と「第2章 セールスライティングスキル獲得編」の2つを手に入れることができます。

第1章はメルマガ登録の無料特典から、第2章はメルマガに登録すると参加できる「マイル」と呼ばれるポイントを使って、それぞれ手に入ります。

第1章の副業・独立準備編は小野さんのブログの内容(2014年12月頃まで)がコンパクトにまとまったものになっており、ブログで細切れの情報を読むより内容が頭に入りやすいです。

第2章のセールスライティングスキル獲得編が書かれたのは、2015年3月。この時期の小野さんのブログも、セールスライティングのスキルについて書かれている記事が多くなっています。

これ以降小野さんのステージが変わり、それにつれてブログの内容も変化しました。

実はこの頃から、私は小野さんのブログを読まなくなりました。再び読み出したのは2016年4月頃。およそ1年ほど小野さんのブログから離れていました。

メルマガ登録用バナー

第1章の副業・独立準備編には小野さんのメルマガ登録用バナーと、メールアドレスを獲得するオプトインページについて書かれた部分があります。

最初のメルマガ登録用バナーはターゲットを絞りすぎたということで、その後新しいバナーに変わりました。「単身赴任サラリーマン」というキーワードが入ったバナーです。

でも今のメルマガ登録用バナーを確認すると

セールスライティングで挫折する人に共通するたった1つの理由…
無料公開中(42ページの無料特典付)

となっていて、さらに改良されたことがわかります。悩みにフォーカスされていますね。

このガイドでは2つのオプトインページの例も紹介されていて成約率も出ているのですが、今現在使われているオプトインページを確認すると、成約率が低いほうのヘッドラインが使われていました。

このガイドが書かれた時は成約率が低かったものの、その後成約率が逆転したのかもしれません。

時を経てわかること

小冊子印刷を試すためにスタートアップガイドを印刷したのですが、改めて読み直すとブログの内容がコンパクトにまとまっており、思った以上に濃い内容でした。

内容も以前よりスッと頭に入ってきました。

このガイドを手に入れた時は、まだ私がこの内容を消化できなかったということなんでしょうね。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。