動画制作

5Gで動画の需要が高まると聞いて、動画の勉強を始めてから3ヶ月が経ちました

2019年10月から動画を学んでいます。

3年前に東京から名古屋に引っ越したのですが、その際にテレビを廃棄しました。その代わりという訳でもありませんが、YouTube見始めました。

最初は有名なエンタメ系のチャンネルから、そのうち関連動画であがってくる動画を次々に見るようになりました。ごく普通の人のルーティン動画を見たり、海外の主婦が料理や掃除をする動画を見たり、クリエイターが作品を作る様子を見たり。

動画を見るのが楽しかった!

動画の勉強を始めたのは、5Gで動画の需要が高まると聞いたから

動画の勉強

2019年8月に再び無職になりました。

計画があったわけではありません。

これといって将来的な見通しがないまま辞めました。

10年後も同じ会社で働き続けている自分が想像できなかったんですよね。

会社を辞めたと母に話したら、「あんたはいつも先のことを考えないで辞めるね」と言われましたが、その通りです。

全くもって成長しない私です。

無職になったので時間ができました。

辞めた直後は旅行に出かけたりもしたのですが、そのうち時間を持て余すようになります。

その頃、YouTubeで5Gを開設した動画を見たことも後押しになって、動画を学んでみようかと思い立ちます。

5Gの普及は2020年春頃からと聞いたので、それまでに動画を学んでおけば私にも仕事ができるのでは?という下心もありました。

独学で学ぶか?スクールに通うか?

動画の勉強

実は動画を学ぼうと考えたのは、この時が2回目です。

このブログを始めた時から、Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)のコンプリートプランに入っていたので、追加料金なしに動画編集ソフト(PremierePro プレミアプロ)が使えたからです。

せっかく追加料金なしで使える状況なのに、Illustrator(イラストレーター)以外のソフトを使っていないのはもったいないと感じていました。

それでUdemyというオンライン学習の教材を利用して、動画の勉強をしようと試みたこともあったのですが、結局続きませんでした。

Adobeの製品を使わないともったいないという理由だけで、これといった目的もなく始めたからですね。

そのような経緯もあり、無職で時間はあるので今回はスクールを利用することにしました。

社会人に動画を教えてくれるスクールは色々あると思いますが、私は「デジタルハリウッド」しか思い浮かばなかったので、他のスクール等は検討せず、すぐに説明会に行き、その場で申し込みをしました。

なぜデジタルハリウッド(デジハリ)しか検討しなかったか理由もあるのですが、それはまた別の機会に書くつもりです。

動画を学び始めて3ヶ月目の感想

さて、そんなこんなでデジハリで動画を学び始めて3ヶ月ほど経ちました。

私が受講しているのは2019年11月開講の「ネット動画クリエイター専攻」コースです。それまでは6ヶ月間のコースだったそうですが、ちょうどカリキュラムが変わった直後に申し込んだので、期間は6ヶ月から4ヶ月と2ヶ月短くなっていました。

スクールで学ぶと言っても基本はオンライン学習なので、最低でも週に1回通学するだけでも大丈夫です。もちろん毎日通学しても問題ありません。

動画を学び始めて日々感じているのは、動画は奥が深いということ。

動画と一言でいっても種類はいろいろ。また、動画との関わり方によっても違います。

私はYouTubeを見ることが多かったので、企画・撮影・編集を一人でこなすYouTuberを想像していましたが、動画の編集だけ行う編集者なら撮影は必要ないですし、文字やイラストをグリグリ動かしたいならPremiereProという動画編集ソフトだけでは事足りません。

デジハリで学ぶ前は、PremiereProという動画編集ソフトの使い方がメインなのかと思っていましたが、デジハリの教材ではAfter Effects(アフターエフェクト)を使うことが多いです。

Adobeの他の製品(IllustratorやPhotoshop)を使うことも多いですし、とにかく学ぶことが多いという印象です。

スマホで簡単に動画編集ができる一方で、技術力が試される動画もある。

学べることが多いからこそ、動画の勉強は面白いです。

なぜ今さらブログなのか?

動画の勉強

この「はちまるごブログ」は、ちょうど5年前の2015年1月5日、コピーライティングの勉強のアウトプット目的で始めました。

その後更新が止まり、ここ数年は手つかずの状態に。

せっかく作ったブログなので、消してしまうのはもったいないという理由だけで残していました。

動画の勉強を始めたので再びアウトプット目的でブログを再開しようかと考えたりもしたのですが、動画とライティングでは領域が違いますし、動画の勉強に加えてブログを書くのは厳しいだろうと。

ですから動画の勉強のアウトプットは、Twitterを利用しています。

Twitterは140文字の世界なので、毎日気軽に続けやすい。

そう思っていたのですが「自分のメディアを持つにはブログだけだ」というツイートを見かけて、それもそうだなと思い直し、動画の勉強にも慣れてきたこともあって、ブログを再開することにしました。

ということで、今さらブログに戻ってきたのでした。

終わりに

動画の勉強のアウトプットは、Twitterです。

Twitterは情報収集も兼ねていますし、動画関連の方と交流もできます(と言いながら、交流できていませんが…)。

とはいえ、文字制限の140文字だと書ききれないことも多く、SNSが故に発信内容にも気を使います。言葉足らずで、誤解を招くこともあるかもしれません。

ブログも発信していることに変わりはありませんが、この弱小ブログに辿りつく人は少ないと思うので、その点ではTwitterよりも気が楽ですね。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。