コピーライティング

紹介された3つの違うパターンの成功事例

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから
学んだことや感じたことを書くシリーズ。
第17回目は「北岡秀紀はマーケッター失格!?」です。

やっぱり今でも気乗りしない……かも

以前ブログに書いたのですが、
北岡さんがゲストのPodcastに対して、あまりいい印象を持っていない私。
今回も、ちょっと気乗りしないなぁと思いながら聞きました。

アイキャッチ
売り込み色を感じた最初の印象がその後も影響するこんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから ...

なぜ印象が悪いかというと、
最初に聞いた北岡さんのPodcastが売り込み一色だったからです。
最初から最後までひたすら売り込み。

もちろんご自分の商品です。
ダイレクト出版さんのPodcastを聞いているのに、なんで知らない人の売り込みを聞かされるんだろう?と思いました。

私はダイレクト出版さんを知ってすぐにPodcastを最初から聞き始めたので、
Podcastの放送で北岡さんを初めて知りました。
だから余計に印象が悪くなってしまったんですね……

ダイレクト出版さんの売り込みに耐性ができた今では、
ひたすら売り込みでもそこまでイヤにならないのですが……
「あら。また売り込みだ!」とスルーできるのですが……
タイミングですね。

今回はコンサル講座の売り込みでした

今回で最後になるという北岡さんのコンサル講座。
人気なのになぜ今回が最後なのか?という問いに対して、「飽きたから」という答えでした。

マーケッターとしては、支持されている間は商品を出し続けろと思うけれど、
伝え手としては気持ちが落ちてきた。
コンサル講座に来ている人が育ってきたので、手を引いてもいいと思った。
……という理由のようです。

コンサル講座に参加した人の成功事例を3つ紹介

あらゆることに手を伸ばしていた司法書士さん。
勉強熱心で、新規顧客を集めることに力を注いでいるにも関わらず、儲からない。
実は、問題は新規顧客ではなく、バックエンドがなかったこと。
ビジネスの視点が間違っていたので、修正して収益が改善したとのこと。

薄利の印刷屋さん。
客数を増やすために、いかに輪転機を止めないかに力を注いでいたが、儲からない。
コンサル付きの印刷屋という付加価値をつけることで、
客単価を上げ収益が改善したとのこと。

建売のログハウス。
新聞折り込みの営業を続けてきたが、反応が悪くなり儲からない。
ターゲットとコンセプトを変えることで、収益が改善。

この3つの成功事例。
それぞれ業種も違い、改善ポイントも違います。
違ったパターンの成功事例だと、説得力も増しますね。

次回は、第18回「★営業マン注目★『アイツには気をつけろ!』と言われていた営業マンが……」の放送を聞きます。

アイキャッチ
「アイツには気をつけろ!」→「ちょっと会いたいんだけど…」こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 ダイレクト出版さんのレスポンス・ポッドキャストから ...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。