キャリア

金沢合宿1日目はマインドから始まる

マインド!マインド!マインド!

金沢合宿が始まりました。

前日に懇親会で顔を合わせたメンバーもいるので、合宿で初めましての人が多いにもかかわらず、合宿は和やかな雰囲気で始まりました。

前日の懇親会がなければ、硬い雰囲気のまま始まったような気がします。

楠瀬さんが懇親会の席で合宿中に打ち解けるまでの時間がもったいないと話していましたが、確かにその通りかもしれません。

当日に自己紹介をしていたら、顔と名前を覚えるだけで精一杯になってしまいそうです。

合宿は5月1日から5月5日までの4泊5日ですが、事前に伝えられた内容を見ると長いようで短い日程のような気がするので。

ショートカットでは?

私も含めて参加メンバーのほとんどがマーケティング未経験者。私は勢いで金沢合宿参加を決めたものの、だんだん不安が襲ってくる、そんな感じでした。

パートナー養成会のグループページにアップされていた動画を見たら、余計に不安が襲ってきました。

この動画を見たら、私が金沢合宿に参加したのは甘い気持ちだったのではないかと。

セールスライター、マーケッター、マネージャー、社長業という4つのステージについて解説されているのですが、私なんてセールスライターを飛び越えてマーケッターを学ぼうとしている……

そんなショートカットが許されるのかしら?

一見遠回りのように見えて、段階的に進む方が結局最短最速なんじゃないかと思うんですけど。

とはいうものの金沢合宿は始まってしまいましたし、もう後戻りできないですね。

セールスライターとして活躍している人が最初はライティングが中心だったとしても、その後マーケッター領域まで進むのを目の当たりにすると、マーケッターを目指すのは間違っていないと思うんですけどね。

でもライティングのスキルも微妙なのに、その部分をすっ飛ばしていいのかしら。そう思うんです。

「自立マインド」と「顧客マインド」

「自立マインド」と「顧客マインド」について。

金沢合宿では顧客マインドを卒業して、自立マインドになってください。そんなことを言われて始まった合宿。

「Webマーケター育成合宿」という合宿名なので、マーケティングのことを学ぶのかと思っていたら、初日はほとんどマインドの話でした。

楠瀬さんが一日かけてマインドの話?

意外な気がしましたが、最近の楠瀬さんなら何となく納得できるかもしれません。

楠瀬さんに対する私の印象はマインドなんて全然触れず、スキルやテクニックの情報を全部出しする人という感じでした。

そういえばダイレクト出版さんのポッドキャストでマインドを話すように変えたら、参加メンバーの行動が変わったと話していたことがあったような。

楠瀬さんも変わったということですよね。楠瀬さんの場合、そのブレ幅が大きいような気もしますが(笑)

リサーチでも「感情に寄り添う」ことが大切ですよ、とのこと。

実践課題を決める

合宿初日の最後は、この金沢合宿で何のプロモーションを担当するかという担当決めで終わりました。

金沢合宿は合宿費用として別途参加費用が必要です。月額のパートナー養成会の費用+合宿参加費用ということ。

月額費用に加えて参加費用が必要なわけですから、それだけ参加メンバーもやる気がある人が多いですね。

Facebookのグループでも積極的に発言する人が多いですし、まだ一度も会ったことがない人でも、よく発言されるから名前だけは知っていたという人も多いですし。

だからでしょうか、担当プロモーションを決めるときでも楠瀬さんの案件ではなく、自分がやりたいと思った案件を希望する人も半分近くいました。

セールスライターとして活躍するのが早い人は自社のビジネスで使うなど、セールスライティングを学ぶのではなく使うために学ぶ人らしいですが、この金沢合宿でも使うために学びに来た人が多いということですね。

とはいえ、マーケティングのインフラが揃っているということで、参加メンバー全員、楠瀬さんの案件を担当することになりました。

マインド、マインド、マインド

私はマインドの話って好きなんですけど、でも今年になってマインドの話が続いたので、楠瀬さんにはマインド以外の部分を求めていたんですよね。

楠瀬さんもマインドの話をするのは知っていましたが、やっぱりテクニックやスキル中心でマインドの話は添えもの程度かと思っていたので。

それが意外や意外、マインドの話が多かった……

正直なところ、楠瀬さんのマインドはスピリチュアルな要素を感じるのでちょっと苦手だったりするんですけどね。

マインドとスピリチュアル、何が違うのって聞かれると困るのですが……

でも金沢合宿では今のところ、スピリチュアルっぽいと感じることはないですね。よかった〜

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。