ブログ運営

はちまるごブログのアップデート_カテゴリーを追加

はちまるごブログのアップデート

はちまるごブログ。
最初は毎日更新を続けていたものの途中何度も更新が止まり、その度に気が向いたら更新するだけの状態でした。

3年目を迎えた今月から、またひっそりと毎日更新に取り組んでいます。

毎日更新を始めてからずっと気になっていたことがあります。

はちまるごブログ全体が2年前の状態でストップしており、基礎部分の情報が古いんです。記事は毎日更新しているけれど、それ以外の部分は2年前の情報のままなんです。

例えば、常に右上に出ている「はじめに」や「ブログの内容」のページなど。

そこで少しずつはちまるごブログをアップデートすることにしました。

何がきっかけで毎日更新を復活させたのか?

毎日更新を復活させたきっかけは、3年目を迎えてキリがよかったというのもありますが、小野さんの下にいるビーコンメンバーは毎日ブログを更新し続けている人が本当に多いんです。

「小野さん」とは、ビート・ザ・コントロール(通称ビーコン)の小野貴正さんのこと。私は去年の6月から小野さんが主催されている年間プログラム License to beat 3つの器クラスに参加しています。

ちなみに後で登場する「島田さん」とは、ワイルドサイドを歩こうよの島田晋輔さんのこと。小野さんは島田さんと行動を共にすることが多く、今年の1月からお二人で「グレートジャーニープロジェクト」を始めています。

特に License to beat 自分という器クラスのメンバーは、私を除いてほぼ全員が毎日ブログ更新を続けているようです。

それに加えて、小野さんがご自身のブログで「ビーコンメンバーのブログをそのうち紹介しますね〜」とかなんとか書かれていたので、さすがに更新が止まったブログを紹介されるのはカッコ悪いと思いまして毎日更新を復活させました。

とはいえ、その日に更新できず後追いで更新することも多いのですが、私はその日に更新することにこだわりがないので気にしていません。

カテゴリーとタグの見直し

Twitterボタンの削除、グレートジャーニーのカテゴリー追加

今回まず見直したのは、カテゴリーとタグです。

年間プログラムのグレートジャーニーが始まったので、グレートジャーニー専用のカテゴリーを追加しました。すでにグレートジャーニー関連の記事を10記事ほど書いていたので、これは早々にやろうと考えていました。

それに伴い、更新が止まった記事が多いカテゴリーを削除し、他のカテゴリーと一緒にまとめました。

カテゴリーがどんどん増えるのはイヤなんです。
タグの数も減らしました。

はちまるごブログは基本はカテゴリーで分類し、カテゴリーに分けるほどではないけれど同じような内容の場合はタグ付けしています。

小野さんのブログはカテゴリーの数も多く、一つの記事に何個もタグ付けをしていますね。島田さんのブログはカテゴリーは「CONTENTS」に絞り、タグで分類されているようです。

Twitterフォローを削除

次に見直したのはTwitterの部分です。

Twitterをやっていた時期もあるのですが、基本的に面倒臭がりの私はSNSでの交流が面倒になり、そのうち使わなくなることがほとんど。自分の日常を知り合いに覗かれるのもちょっと気持ちが悪いですし。

だから同じSNSでも実名登録のフェイスブックが一番苦手ですね。

その点ブログは始めた当初は誰にもブログの存在を教えなかったので、読んでくれる人は検索から来てくれた人だけ。

ブログに書くこともライティングに関することが中心で、普段の日常を出すことがなく気が楽でした。

だからはちまるごブログの最初の頃は、初めて来た人でも戸惑わないように気をつけて記事を書いたりしていました。

ダイレクト出版さんは寺本さんも含め記事内でも普通に書いていましたが、小野さんのことを書くのは極力減らしましたし、小野さんの記事を書いたらなるべく小野さんの紹介記事にリンクを貼るようにしていました。

ダイレクト出版さんの教材について書いたりしていたので、ダイレクト出版さんを知っている読者さんがほとんどだったと思いますが、小野さんはそこまで知られていないと思っていたので。

それが今では完全に日記風身内ブログになり、小野さんばかりか最近は島田さんのことも普通に注釈なく書いているわけですから、変われば変わるものです(笑)

これから書きたい記事

今のところ書きたいと思っている記事がこちら。

  1. 小野さんの紹介記事アップデート版
    (2年前に書いた紹介記事は、今の小野さんとはまったく違うので)
  2. 智頭合宿を振り返る記事
    (記事内で話題を出すものの、そもそも智頭合宿の記事がないので)
  3. 常に右上に出ている「はじめに」や「ブログの内容」のページ
    (内容が古すぎて目も当てられないので)
  4. 名前を覚えてもらうための記事
    (自分のルーツを辿ることにもつながるので)

こうやって並べてみると、失われた時間を取り戻す感じですね。

以前書いた古い記事もレイアウトが崩れたりしているので修正したいのですが、これは後回しですね、きっと。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。