コピーライティング

今日、あなたがこのブログを読まない理由はあるでしょうか

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

基礎から体系的に学ぶ12週間セールスライティング通信講座。私はこの講座を中心にセールスライティングを学んでいます。

3月後半から、AWAI 短期集中講座の学習を始めました。4月も引き続き AWAI の学習記録です。

Part3の前回は、セールスレターの構成について学びました。

アイキャッチ
勉強のテキストそのものが面白いですこんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 基礎から体系的に学ぶ12週間セールスライティング通信...

今回から核心部分の Part4に入りました。Part4は第4週目から第10週目まで、7週間分です。

Part4は核心部分ですし、テキストでもじっくり取り組むように書かれています。ということで、Part4は1週間かけて勉強することにしました。

このはちまるごブログでは、木曜日に前編、月曜日に後編を書く予定です。あいだに週末を挟むので、木曜日の前編ではテキストを中心に、月曜日の後編ではエクササイズのことも含めて書いていこうと思っています。

あなたの原則

ダイレクトマーケティングを勉強すると、「二人称で書け」というのはよく聞きますよね。見込み客に「あなた」と呼びかけるのです。このはちまるごブログでも「あなたの原則」を使っています。

けれども、大成功したダイレクトレスポンスのコピーすべてが二人称というわけではありません。「私」という一人称もあれば、「彼・彼女」「彼ら」という三人称の視点もあります。

実際のところ、この「あなたの原則」は、セールスの普遍的な2大原則_「ベネフィットの原則」と「親密さの原則」この2つを手助けしてくれるにすぎないものです。

「あなた」に語りかけると、ベネフィットを伝えやすく、親しみを感じてもらえます。「あなた」に向けて書くと、見込み客との距離を近く感じますよね。

読む側も、「皆さま」と書かれているより「あなた」と書かれているほうが、さらに「あなた」と書かれているより「◯◯さん」と書かれているほうが、より深くその文章に入り込めます。

いつでも「あなたの原則」が効果を発揮するとは限りませんが、便利な原則であることは確かですね。

あなたは「あなたの原則」を使っていますか?

親密さの原則

セールスの普遍的な2大原則の一つ、親密さの原則の部分を読んでいて、「そうだよなぁ」と納得できた部分。それは、

売り手と知り合いになり、「親しく」なれるというベネフィット

セールスライティングを学び始めの頃から、私が勝手にモデリングしていた BeatTheControl の小野貴正さん。

アンケートの回答をきっかけに何度かやり取りし、今月は実際にお会いする予定
です。

私のアンケートの回答がメルマガでも触れていたり、この小野さんのブログ記事は、もしかして私に向けられているのかな? と感じたり。

売り手(小野さんからまだ何も買っていませんが)と知り合いになれる。これは思った以上にうれしいですね。

人が行動を起こす感情

恐怖と欲望。人が行動に駆り立てられるのは、この2つの感情だけではありません。テキストではセールスライティングに役立つ感情として、37個書かれていました。

この中で、私自身がこれには弱いだろうと思う感情がコンプレックスです。特別感を感じるセールスレターに動かされやすいからです。

コンプレックスの説明で、アメリカンエクスプレスのセールスレターと、ザ・オックスフォード・クラブのセールスレターが出ていました。

どちらも私好みです(笑)

AWAI の一番最初のエクササイズは、アメリカンエクスプレスのセールスレターの写経でした。今のところ、このアメックスのセールスレターが一番好きです。

最後のクロージングで「今日、カード会員にならない理由はあるでしょうか」という部分があります。特に、この一文がいいですね。

次回は、Part4第4週目「感情を揺さぶる(後編)」です。

アイキャッチ
あなたはまだこのブログを見ている?こんにちは。 セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。 基礎から体系的に学ぶ12週間セールスライティング通信...
ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。