License to beat

ワイルドサイド島田さんのランチ会に初めて参加してみた

ワイルドサイドランチミーティングに参加しました

つい先日の日曜日に開催された小野さんのセミナー「ビーコンライブセミナー@東京」にて、懇親会の席で島田さんのランチ会が10日木曜日にあると知り、これも何かの縁だと思い参加しました。

翌日11日金曜日に License to beat 自分という器クラスの講座が大阪であり、いずれにせよ大阪に行くので日程を1日早めたわけです。

地元参加者の方オススメのお店は、鯛めしが名物で、贅沢なランチをいただきました。

スケジュールを組み直す

自分という器クラスの講座に合わせて、前日はすでに別の予定を入れていました。午前中はカイロプラクティック、午後はマッサージです。

体調を整えて、自分という器クラスに参加するつもりだったのです。

面倒を嫌う普段の私なら、この予定を動かすことはしません。新しい集まりに参加することを億劫に感じるタイプなので、余計にです。

でも今回は思うところもあり、ランチ会に参加するために予定を組み直しました。

すでに手配していたホテルも含め、何ヶ所か電話を入れただけです。

電話を入れ予約の日にちを変えてもらっただけですが、多分今までの私だったらこの電話も入れなかっただろうなと。

そもそもランチ会参加のためだけに、泊まることもなかったと思いますけど。

小さなことですが、少しづつ自分が変わっているのかなと思いますね。

同じような顔ぶれ

そんな感じで参加したランチ会でしたが、いざ参加してみると「同じような顔ぶれでは?」と思うような面々。

つい先日のビーコンライブセミナー@東京と同じような参加者が多かったのです。

参加者10人のうち、6人がつい先日お会いした人たち。島田さんもお会いしたことがあるので、面識がなかった人は3人だけでした。

私は新しい出会いにそれほど興味がないので、そこそこ新しい人も参加していた今回のランチ会は楽しめましたが、新しい出会いを求めている人にとっては刺激がなかったかもしれません。

とはいえ、平日の昼間にランチのために集まることができる人というのは、ごく限られているということでしょうね。

ランチ会後のお茶会

13時から始まったランチ会は、15時で終了。15時でランチの時間は終わり、お店の外でしばらく話していたのですが、16時前には解散しました。

小野さんは夕方に打ち合わせがあり、その前に仕事をするとかで早々に別れました。

それでビーコンチーム4人でお茶を飲んだのですが、私はこのお茶会で話したことで気づきを得られました。

漠然と思っていたことを再認識した感じです。

小野さんを通じて知り合った人たちなので、どことなく似通っている部分もあるのではないかと思います。話していて、楽だなぁと感じたので。

お土産のおにぎり

食べきれなかった鯛めしは、お土産としておにぎりで持って帰りました。そのおにぎりを食べながら、この記事を書いています。

おにぎりと一緒にショップカードも入っていました。

家に帰っておにぎりを食べながら、お店のことを思い出す。ショップカードも持ち帰ってもらえる。

お店のことを忘れないように工夫されていますね。

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。