ひとりごと

実はWP Product Reviewをどんな風に使うか、という練習です

アイキャッチ

こんにちは。
セールスライティングのスキルにフォーカス中の穂積ミズホです。

積ん読になっている本を消化するために、
これからブログを利用して読んだ本の感想を書いていきます。

その際にどうしても使ってみたかったWordPressのプラグインがあります。

WP Product Review

WP Product Reviewというプラグインです。
文章や画像で紹介するだけでなく、
視覚的にわかりやすく、まとめることができます。
レビューのグラフも見やすいです。

このブログのデザインはシンプルなところが好きですが、
うっかりすると刺激のない寂しいブログになってしまいます…
デザイン力に乏しい私は、こういった便利なプラグインの存在がありがたいですね。

このWP Product Reviewは、
難しい設定がないわりにはカスタマイズも簡単です。
私の場合は色を統一させましたが、それぞれ色を設定させることができます。

これで本のレビューも楽しくなりそうです。

最初にルールを決めておこう

最初にある程度ルールを決めておく方が楽なので、簡単に決めました。

レビューのグラフ

0〜100の間で点数をつけることができ、それがグラフになります。
項目は5個まで設定できますが、どうしても思いつかなかったので3個です。

読みやすいか?

私はこの読みやすさが結構気になります。
文章の読みやすさもありますが、
本の装丁(ソフトカバーの方が読みやすい)や、レイアウトなども含めて読みやすいかどうか?ということです。

何回も読みたくなるか?

セールスライティングに関係する本は、何度も繰り返し読みたいと考えています。
だから、何度も繰り返し読みたくなるか?ということは大切なのです。
使い捨てではなく、ずっと持ち続けたいか?
読むたびに新たな発見があるだろうか?
…といったことも含めてです。

手に入れやすいか?

ネットで買えば一発ですが、本屋さんで買う楽しみもありますよね。
本屋さんで本を選ぶワクワク感は、捨てがたいものがあります。
ダイレクト出版さんの本が多くなりそうなので、それを”50″の基準にします。

よかったこと・残念だったこと

その本を読んで、よかったこと・残念だったことを簡単な箇条書きでまとめます。
詳しいことは本文で書き、この部分は要点のみ。
私はマイナス面に気づきやすいので、残念だったことが多くなりすぎないように気をつけないと…

さて、ここまでごちゃごちゃ書いてきましたが、
実は…
今回の記事は本のレビュー記事を書くための練習でした。
とくにWP Product Reviewをどんな風に使うか、という練習でした!

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。