License to beat

セールスライティングクラスの講座が始まりました

セールスライティングクラスの講座が始まりました

こんにちは。
ミズホです。

6月から参加している License to beat プログラムが、いよいよ本格的に始まりました。

6月最初の土曜日、4日はセールスライティングクラスの初回講座。翌日の日曜日、5日は自分という器クラスの初回講座。6月最後の日曜日、26日は賢者舎のミーティングです。

月初めの週末はセールスライティングと自分という器クラス、月終わりの週末に賢者舎のミーティングという流れになりそうです。

まずは、セールスライティングクラスからスタートです。

事前課題

講座が始まる一週間前に事前課題が出ました。

セールスライティングクラスは実践でオウンドメディアの記事を書き報酬を得るのですが、基礎的な部分を事前にオウンドメディアに関する動画を見て勉強しておくようにとのこと。

参加者はダイレクト出版さんなどでセールスライティングを学んでいる人が多いようですが、これから勉強を始めるという人もいるようです。

セールスライティングを学んでいるならまだしも、ゼロからのスタートだったらどうやって記事を書けばいいのかわからないですよね。だから動画はありがたいのですが、見るべき動画の数が多い!

全部見終わらないうちに初回講座の日を迎えました。

事前課題の動画を全部見ていないという後ろめたさを感じつつも、ブログは書いているので何とかなるかなぁと。

去年描いた理想の1日を思い出す

この日は気持ちのいい天気でした。窓を開けたら気持ちのいい風が入ってきて……その風に吹かれていたら、去年描いた理想の1日を思い出しました。

去年のゴールデンウィークに理想の1日を描いたのですが、そのときも気持ちのいい風が吹いていました。だから理想の1日も、気持ちいい風が吹いている穏やかな日の設定にしたんです。

幸先がいいスタートだと嬉しくなりました。

参加者は年齢も経験値もさまざま

5分前に会場に着いたのですが、ほとんどの方がすでに席に着いていました。時間にきっちりしている人が多いようです。

参加者は12人で、プラス小野さんと講師の方の合計14人でした(欠席の方は2人です)

20代の人から50代の人まで年齢も幅広く、男性が多いですが、女性も私を含めて3人います。

経験値もさまざまで、小野さんのコーチングプログラムにすでに参加していて記事をバリバリ書いている人もいれば、これからスタートする人もいます。

ゼロからスタートする人にとっては大変かもしれませんが、すでに書いている人を見ると刺激を受けますね。

ビーコン独自のルール

初回講座はオウンドメディアの記事を書くための基礎知識や、ビーコン独自の納品ルールを教えてもらいました。

記事は読者さんに向けて書きますが、納品先はクライアントさんです。まず、このクライアントさんに記事を評価してもらうことがスタート。

記事の内容はもちろんのこと、どれだけクライアントさんに手間をかけさせないか、それが次の仕事につながるようです。

自分が発注する側に立って考えてみれば、余計な仕事を増やさないライターさんに次もお願いしようとなりますよね。

最後はコーヒーを飲んで、初回講座は終了

13時からはじまった初回講座は18時に終わり、その後は近くの居酒屋さんで懇親会でした。さらにその後は近くのルノアールでお茶会をして、その日は解散。

初回講座だけあって緊張していたのか、帰ったらぐったり疲れ、すぐに寝ました。

来月のセールスライティングクラスは7月3日の日曜日。楽しみです!

ABOUT ME
ミズホ
試行錯誤する40代。